2006年04月22日

第4回スタッフミーティング

5月1日月曜日19時より
会場未定(常総市生涯学習センター近辺の予定)

上映会を一緒に作ってみたいという方の参加大歓迎です。
j@sharemandala.netまでお気軽にメールください。
posted by てつ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

常総市生涯学習センターでも前売開始しました

イベント会場でもある

常総市生涯学習センター

でも前売りチケットの販売をしていただけることになりましたのでご利用ください。

月曜は休館です。
posted by てつ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

上映会案内チラシダウンロード

107+1上映会in茨城のチラシはこちらからダウンロードできます。[PDFファイル]


上映会チラシ0418.gif

posted by てつ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海☆星について

今回の上映会を主催する「海☆星」は、
この映画を1月8日に川越ではじめて観た私が感動して
「茨城でも上映会をやりたい」
と、言い出したことをきっかけに
上映会運営企画に参加したい人が集まってできました。

あなたも一緒に上映会を作るほう、やってみませんか?

anime2.gif

海☆星[ヒトデ]という名前の由来になった話


『星を投げるひと』 by ローレン・アイズレイ

むかし、海で物書きをしている男がいた。男はいつも仕事の前に浜辺を歩くことに決めていた。

ある日、男が海岸を歩いていると、ダンスをしているような人影に目を留めた。男は、その影が今日という日に踊りをささげているのかなと微笑んだ。そして、足を早めて影のほうに向かった。

近づいてみると、その影は少年だった。少年は踊っているのではなかった。少年は波打ち際に近づいては、なにか小さなものを拾い上げ、そして拾い上げたなにかを海に向かった投げ込んでいた。

男は少年のすぐそばにいきこう呼びかけた「おはよう。何をしているのか聞いてもいいかい?」

少年は動きを止め、男を見上げて答えた。「海星(ヒトデ)を海になげているのさ。」

「なんだっていったい海星を海に投げ入れているんだい?」男はすこしびっくりした様子で言った。

「これはね、」少年が答えた。「太陽が昇って潮が引いているでしょ。もし僕がこれをしないと海星が死んでしまうんだよ。」

これを聞いた男は少年をこう諭した。「でも少年よ、浜辺は何キロも続いているし、海星も同じように何キロも落ちているんではないかね。そんなことをしてもなんの意味もないよ。」

男が話し終わると少年はしゃがんで足元の海星をまたひとつ拾って、そして海に投げ込んだ。「ほら、ひとつ助けたよ。」

(てつ・訳)
posted by てつ at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんつくマンからのメッセージ

2.jpg
僕はアホです。単純です。だから自分がやりたいと思ったことをやっています。それが海外支援なのか、環境問題なのか、映画を創ることなのか、言葉を書くことなのか、女の子とデートをしまくることなのかは、その時によって変わります。
今後なにをするか分からんけど、この命をめいっぱい使って世の中を面白くする。そして、死ぬ時に、人種関係なく、キレイな女の子とアホな仲間に囲まれて、笑って死ねたらええと思っています。

僕はほんまに数十万人の人に支えられて、映画をつくるという夢を叶えることができました。これからも、次々に夢を叶えながら、多くの夢が叶うための手伝いをしていきます。最終的な夢は「自分の夢の中に坂本龍馬が出てきて、おまんようやってくれたと言いながら酒をついでもらうこと。」
今回、映画の資金を集めたり、映画を撮影する中で、あきらめんかったらうまくいくことを学んだ。だから、これからも多くの人に「あきらめる必要はない」ということ、「人間の可能性は凄い」っていうことを伝えてゆく。

posted by てつ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | てんつくマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てんつくマンプロフィール

てんつくマン(改め軌保博光)

映画監督・路上詩人。


1968年兵庫県生まれ。元吉本興業でTEAM-O(相方:山崎邦正)としてダウンタウンの番組で活躍中に、映画制作という夢を見つけ、引退。

1998年より始めた、筆と墨を使った「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」という“書き下ろしパフォーマンス”で路上詩人として人気を集め、これまでに6万人以上にメッセージを送っている。

2002年、本命である軌保博光を封印し、日本を面白くするニューヒーロー“てんつくマン”として生まれ変わる。

2003年1月、“ひとりでは難しいかもしれないけれど、みんなでやれば必ずできる!”を合言葉に、映画の中で実際に挑戦する3つのプロジェクトを発表。全国から参加希望のメールが続々と届く。

2003年2月にてんつくマン・スタッフ共に沖縄に渡り、ドキュメンタリー映画『107+1〜天国はつくるもの〜』撮影開始!!2003年8月撮影終了!2003年11月上映開始。只今、絶賛上映中!!!

『答』『感動無き続く人生に興味なし』『そばにいるから』など現在までに著書10冊を出版。
posted by てつ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | てんつくマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

上映会運営チーム「海☆星」メンバー募集

上映会をつくる側をやってみたいかた、
こちらにお気軽にメールください。

j@sharemandala.net

現在までに必要な役割・担当

・チケット担当:すださん
・電話担当:浅井さん
・広報担当:募集中!
・web担当:募集中!
・受付担当:募集中!
・司会:くめさん
・音響担当:募集中!
・照明担当:募集中!
・映像機器担当:募集中!
・てんつくマン付き人:募集中!
・交流会運営担当:募集中!
・書き下ろし担当(抽選会運営):募集中!
・物販担当:募集中!
・記録(ビデオ):募集中!
・記録(写真):募集中!
・交流会担当:募集中!
・ロゴデザイン:毛糸さん

  やりたい人挙手で。
  追加の役割も随時募集
posted by てつ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チケット販売窓口募集

当上映会の前売りチケットの販売を代行していただける店舗などの窓口を募集いたします。

ご希望によりホームページやポスターなどで窓口名称を掲載させていただきます。

関心をお持ちいただきましたらお気軽に下記までご一報ください。
j@sharemandala.net(山崎)
posted by てつ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 上映会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

前売りチケット発売記念花見!無事終了。

4月2日日曜日。

上映会前売りチケットの発売記念のお花見パーティー。

天気予報は下り坂で強風が吹くあいにくな天気でしたがたくさんの方が参加していただきまして無事に楽しむことができました。

ということで、チケットを発売開始いたしました。

現在は、メールとスタッフの手売りのみですが、
4月中にプレイガイドなどのチャンネルも作っていきたいと思います。

posted by てつ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。